Loading...

大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、
塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

弾性塗料について

塗料には「弾性塗料」と呼ばれるものがあり、モルタルやコンクリートによく使用されています。

弾性塗料の中でもいくつかの種類に分類され、デメリットや使用上の注意点もあるので、お客様も特性について理解しておくことは大切です。

このページでは、弾性塗料の種類や実際の膨れの事例などを紹介いたします。

弾性塗料とは

弾性塗料とは、弾力性のある塗料と言えばわかりやすいでしょうか?柔らかい塗料とも言えますね。

湿式(モルタル、コンクリート)は特にクラックが発生しやすいので、昔はよく使われていました。

今でもクラックを防ぐ意味では最適かもしれませんが、デメリットもあるので、現在は少なくなっています。(微弾性を除く)

弾性塗料の種類は次のようなものがあります。

・JIS A 6909 建築仕上塗材 可とう形改修塗材E(微弾性)
・JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E (単層弾性)
・JIS A 6909 防水形複層塗材E(弾性)
・JIS A 6021 建築用塗膜防水材(高弾性)

他にも、弾性スタッコや弾性リシンなど種類はいっぱいありますが、基本的にこれで分類することができます。

最もよく現在使われているのが「JIS A 6909 建築仕上塗材 可とう形改修塗材E」通称、微弾性フィラーと呼ばれるものです。少しだけ弾性を持った塗料で、弾性塗料に分類されません。

10年程前に、塗料業界によく使われていたのが「JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E」通称、単層弾性です。

それより以前は、「JIS A 6909 防水形複層塗材E」通称、弾性タイル、「JIS A 6021 建築用塗膜防水材」通称、高弾性と呼ばれるものが使用されていました。

弾性塗料のデメリット

塗料の性質上

弾性=汚れやすい、割れにくい
硬質=汚れにくい、割れやすい

と反比例するため、柔らかい弾性塗料は、一般の塗料と比較すると汚れやすいデメリットがあります。

もう一点、一度弾性のある塗料塗ると、次回の改修時に旧塗膜を取らない限り、弾性対応の塗料しか使えなくなってしまいます。特に高弾性は場合は、注意が必要です。

また、塗料全般そうですが、弾性塗料は外部から水分を取り込まないようにしているので、内部は水分に弱く、膨れを生じさせやすい面もあります。

少し余談ですが、塗料を柔らかくする際は、基本的に樹脂を多く入れるか、または可塑剤や熱可塑剤を入れています。

樹脂ならいいのですが、可塑剤や熱可塑剤を多量に含む塗料は、塗り替え時に膨れ、熱膨れなど様々な問題が発生しているのが現状です。

弾性塗料の膨れの事例

少し、弾性塗料の膨れの現象をご紹介します。

最新情報

金丸塗装ブログ

スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.0%!
お客様の声

▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
見積・相談無料電話受付 9:00~18:00
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ