Loading...

大阪府泉大津市、高石市、堺市、和泉市、岸和田市、忠岡町の外壁塗装、
塗り替えやリフォームなどでお悩みの方は【金丸塗装】にぜひご相談ください。

外壁・屋根塗装に適した時期(ベストシーズン)

外壁・屋根塗装に適した時期、ベストシーズンはいつですか?とよく聞かれます。

正直に言いますと、特にありません。基本的な条件さえ守ればどの季節でも外壁塗装は大丈夫です。

ただ季節ごとにメリットとデメリットがありますので、ご紹介していきます。

※大阪近辺なので、積雪地域は別です。

外壁・屋根塗装の基本的な条件とは?

外壁・屋根塗装を行う際の基本的な条件は「湿度」と「気温」です。大前提として、雨が降っている時に塗装はできません…

まず湿度については、どんな塗料メーカーカタログにも書いています。裏の法に小さな字で…。

基本的に85%以上湿度がある場合は、外壁塗装には適してないです。

次に気温に関しても、同じく塗料メーカーのカタログに書いています。

基本的に5℃以下は外壁塗装には適していないです。

カタログにもしっかりと明記されています。

これが外壁・屋根塗装をする時の最低条件です。これさえクリアしていれば基本的に一年中、外壁・屋根塗装は可能です。

氷点下でも塗装できる塗料

実は、氷点下でも塗装できる塗料があります。

アイカ工業さんのノンフーリズは、-6℃~10℃の範囲で塗装するとができます。


季節ごとの外壁・屋根塗装の注意点!

春は一番いい季節ですよね。暖かくなってきて、問い合わせも多いのが春が多いの確かです。

春に外壁・屋根塗装を行うメリットは、湿度・気温ともに安定している点です。平均湿度は30%以下、気温も15℃以上ありますから条件クリアです。

デメリットは、3月から4月にかけて季節の変わり目で雨が降りやすく、春雨前線など発生しやすいので、タイミングによっては長雨で工事が伸びる場合があります。

梅雨時期

梅雨時期に外壁・屋根塗装を行うメリットとしては、梅雨時期に外壁・屋根塗装を希望する方は少ないため、工事の予約が取りやすいです。

また、梅雨時期と言っても気温は平均20℃前後なので、雨と湿度さえ管理すれば問題ありません。

デメリットは、梅雨時期になると長雨にあることが多く、工事が長引く傾向にあります。

夏に外壁・屋根塗装を行うメリットは、天気の良い日がい多く、さらに気温が高いので乾燥時間も短くなり、比較的工事がスムーズに完工する点です。

デメリットは、乾燥が早すぎて塗料の種類によっては、ムラになりやすいことがあります。

また台風や夕立、最近ではゲリラ豪雨もありますので、天気が急激に変わりやすいのも注意が必要です。

秋に外壁・屋根塗装を行うメリットは、春と同じく湿度・気温と共に安定している点です。

デメリットとしては、台風や秋雨前線などの影響で長雨になることがあります。当り年ですと、台風が何個も通過する事態になることもあります。

冬に外壁・屋根塗装を行うメリットは、湿度が安定しており30%以下が多いことです。塗装の条件として問題ありません。

デメリットとは温度が低くなることがあり、5℃以下になることがたまにあります(大阪地域の場合)。

また、冬場の屋根塗装は、日中と夜中の温度差で結露が起きやすくなります。

そのため、屋根塗装する際は日中の15時ぐらいまでに仕上げることが重要です。適切な施工を行わないと、艶が無くなってしまうことがあります。

まとめ

春や秋にも意外とデメリットがあります。

梅雨時期でも、雨の降る際は塗装しないということを徹底することで、外壁・屋根塗装は可能です。

また、冬は気温が低くなるため乾燥時間がかかりますが、それさえしっかり守りれば問題ありません。

時期ばかりにとらわれずに、きちんと業者さんを選ぶことが何よりも大切です。

最新情報

金丸塗装ブログ

スタッフお気軽に
お問合せください!

お客様の声満足度96.0%!
お客様の声

▼

お問い合せはこちら

お急ぎの方!お電話の方が早くご案内できます!
見積・相談無料電話受付 9:00~18:00
メールでは365日24時間受付中です!
お問い合せ