大阪府泉大津市 K様邸 雨漏り(雨漏れ) 築40年の雨漏り注意点!

 

泉大津市のK様邸の雨漏り調査です。

 

築40年の木造2階、大屋根、瓦葺き(土葺き)下屋根、カラーベスト葺き、外壁ラスモルタルの上

 

吹き付けタイル。

 

雨漏り箇所 その1~2階の和室の天井より雨漏り、一年に一度程度、大雨の時に雨漏り。

 

雨漏り箇所 その2~1階洗面所サッシ廻りより雨漏り、一年に数回程度、大雨の時に雨漏り。

 

雨漏り箇所 その3~1階リビング天井より雨漏り、1年に数回程度、小雨でも雨漏り。(ご主人様が色々

 

          修理されて現在はとまっている。

 

大阪府泉大津市 雨漏り散水調査 雨漏り再現調査

2階の天井裏の小屋根の中の写真です。

 

赤丸ところが雨漏り跡ですね。

様々の所を散水調査を行い、雨漏り箇所の原因を解明していきます。

雨漏りの原因 その1 和室天井からは漆喰の塗りすぎよる雨漏り…

漆喰の塗りすぎによって、雨水を棟の中に溜め込んでしまい…

 

月日が経ち漆喰が剥落してしまってます。こうなると、面戸か

 

らの雨水が浸入して、土葺きの土がながれてますます雨漏りし

 

ています。 

瓦のつばの所に土が乗っていると、毛細管現象にて、雨水が吸

 

い上げられ雨漏りにつながります。

 

素漏りと言います。

素漏りの場合は一度瓦をめくりながら、瓦の掃除をして、戻

 

しいきます。

 

2階の和室の天井より雨漏りの原因

 

今回の雨漏りの調査の中で、まずは必要なことは、築年数が40年とであることを考えることが重要で

 

す。

 

40年前では、細かい雨仕舞いが確立されておらず、当時としては全く問題ない仕様も現在では、雨漏り

 

につながります。

 

今回は4つ原因から雨漏りにつながりました。

 

その1~2階和室の天井の雨漏りについては、大屋根の瓦からの雨漏り、漆喰の剥落から、瓦自体の素漏

 

り、さらに棟が内部で雨水を排出できなくなっていることが原因でした。漆喰の塗りすぎは反対に雨水を

 

溜め込む原因になりますので、注意が必要です。また漆喰がなくなると特に土葺きの屋根は土がながれて

 

しまい雨漏りの原因になることが大いにあります。漆喰はDIYでしてはいけません

 

雨漏りの原因 その2 サッシ廻り配管廻りの防水テープが原因の雨漏り…

サッシ廻りのモルタルを解体しすると、

 

防水テープがなくそのまま下の洗面所に雨漏りが起きてい

 

ます。

配管廻りの防水の補修の写真です。

 

築40年では防水テープを施工しているところは

 

見たことがありませんので、案の定ありませんでした

 

外壁をカッター切りをし、アスファルト補強の上に

 

ウェザータイトでより配管廻りの雨仕舞いを行いました。

メタルラスを用いて、モルタルを数回にわけて塗りつ

 

けます。

サッシ廻りも防水テープとアスファルトフェルトを用いて

 

配管廻りと同じようにメタルラスを用いてモルタルを数回

 

に分けて塗りつけます。

 

1階洗面所の雨漏りの原因

 

2階の外壁のクラックより浸入してきた雨水がサッシ廻りに到達して、そのまま1階の洗面所に雨漏りが起

 

きています。またこの雨漏りはもう一箇所浸入口が配管廻りからも雨水が浸入して、1階の洗面所より浸

 

入しています。

 

これらの雨漏りは築40年で雨仕舞いが確立されていないと認識しながら、雨漏り調査及び、雨漏り修理

 

の計画をたてないといけません。

 

単なる外壁塗装やシーリングを施工するだけでは、雨漏りは再発します

 

雨漏りの原因 その3 リビング天井より雨漏り…ゴムアスルーフィングの立ち上げ不足…

ご主人様が様々な修理を行っていまして、シーリングを

 

したり色々な所をされていますが、立ち上げの所をステ

 

ンレスの板で修理しています、実はこれ正解でした。

 

すごいご主人様です。

写真ではみえないですが、目視で確認すると屋根防水シ

 

ート、ルーフィング材が壁の手前で止まっております。

 

そのために少しのきつい雨でも雨漏りがおきていまし

 

た。

雨押え水切りの間からは、間柱が見えていて…

 

壁のアスファルトフェルトのない状態です。

 

雨押え水切りのみで雨水を防いでいました。

 

本来であれば、モルタルをカッター切りし

 

たいところですが…

モルタルをカッターぎりすると、余計な所の雨仕舞いが

 

悪くなる所があるために、今回はゴムアスルーフィング

 

をそのまま立ち上げて施工します。しっかり300mm立

 

ち上げすることができ、さらに壁際から透湿防水シート

 

を隙間からなんとかたち下げできました。

 

 

1階リビング天井より雨漏りの原因

 

ここでも築40年であることを頭の中で想像しながら、調査することが大事でした。

 

下屋根の小屋裏を確認できましたので、原因は一目瞭然です。ルーフィングの立ち上げの不足。

 

ただ雨漏り修理に関しては、改修工事の難しさ。セオリー通りにできない分。ルーフィングに透湿防水

 

シート、捨て板金に雨押え水切りを設置し、4重にし雨漏りを防ぐ為に施工しました。

 

 

築40年の雨漏りの修理の注意点 まとめ

雨漏りの原因 その1 和室天井からは漆喰の塗りすぎよる雨漏り…解説

 

のし瓦の施工に不備があったこと、漆喰が少し塗りすぎであったこと、長年の雨水の浸入で漆喰がなくっ

 

ていまったことで、土がながれていまい、素漏りがおきて、棟もすこしくずれて、雨漏りにつながってし

 

まいました。雨漏りには複数箇所の原因があることがあります。

 

瓦屋根の棟は非常に雨漏りの事例が多いです。漆喰の塗りすぎによるものや、台風などで、棟がくずれた

 

り土葺きの屋根は特にすこしのことで雨漏りをさせてしまします。安易に知識のない業者が施工すると、

 

棟だけで大丈夫だった屋根が全面葺替えになってしまうことも…

 

特に、屋根にシーリング等で塞いでしまうと、後にどうしようもできなくなります。

 

 

雨漏りの原因 その2 サッシ廻り配管廻りの防水テープが原因の雨漏り…

 

築年数から推測すると、防水テープが貼られていない可能性が高く内部の雨仕舞いから雨漏りもとめるこ

 

とが重要です。また防水テープの張り方ひとつで反対に雨水をよびよせてしまうこともあります。

 

サッシ廻りの雨漏りについて、上からシーリングして。外壁塗装をすれば雨漏りが止まる…

 

一時的には、雨漏りが止まったとしても、再発することが可能性として非常に高く雨漏りしているところ

 

は内部になんらかの原因があるために雨漏りがおきることが多いので、内部の構造を確認し、築年数を考

 

慮しながら、雨漏り修理をすることが大切になります。

雨漏りは外壁塗装するだけではなおりません…

 

雨漏りの原因 その3 リビング天井より雨漏り…ゴムアスルーフィングの立ち上げ不足…

 

壁際にルーフィングを250mm以上立ち上げ雨水が浸入した場合にルーフィングを通って排出できるよ

 

うにできる仕組み(雨仕舞い)を行うことが重要です。

 

ルーフィングの立ち上げがないところは現在ではほとんどありませんが、立ち上げ不足だったりするとこ

 

ろで雨漏りにつながることがあります。雨漏り調査、雨漏り修理は経験と知識がかなり必要であり、

 

中途半端な覚悟ではできません。

 

築年数と雨漏り原因をしっかりと考えルーフィング、雨仕舞いを行うことが大切です。