中谷ビル様下地調査行いました。

RC造には下地調査が必須事項になります。

 

マーキングと呼ばれるものです。

 

赤、青、黄色…状況により色を使いわけて、下地劣化状況をすぐにわかるようにします。

 

使う道具は、打診棒、クラックスケール、打診ハンマー等です。

下地調査とその劣化具合

打診棒で浮きをチェックしています。

クラックスケールで幅を確認し、クラックゲージで深さを確認しています。

 

どういう下地調整が必要が判断します。

浮きが確認できて打診ハンマーで叩くと、露筋状態も確認できます。

 

コンクリートの鉄筋のかぶり厚が少ないです。

 

先に高圧洗浄することで、より下地調査がやりやすいことがあります。

 

今回もしっかりと高圧洗浄の後に調査していますので、塗膜剥離状態も確認できます。

斜めに長いクラック

 

コールドジョイント呼ばれるコンクリートを型枠に流し混む際に時間や生コンクリートのロット違い等でできるクラックです。

打ち継ぎクラックです。

 

スラブを作る(床)後に手摺壁をコンクリートせ作りますので、その時にできてしまうクラックでs。

クラックと浮きがおきています。

 

雨水をふくんでおきていることがわかります。

今回の調査では、

 

青色…クラックを示す。幅大きい所は幅、長さ、深さ、改修方法も文字にして、マーキング。

 

黄色…塗膜剥離など下地調整が必要所をマーキング。

 

赤色…浮き、露筋などのエポキシ注入が必要や露筋処理が必要な所にマーキング。

 

下地調査を適正にすることによって、下地調整の計画していきます。

 

ただ上から塗装するだけでは、すぐ劣化がはじまります。

 

適正な工事をするために必ず必要になってきます。