大阪府 高石市 I様邸 下地処理 シーリング

I様邸はPC版が外壁材として、用いられています。

 

PC版とはプレキャストコンクリートの略で、現場で打設するRC(鉄筋コンクリート)ではなく工場で予め制作されたコンクリートを持ちこんで、組み立てる構造になります。

 

PC版自体は非常に強固なんですが、つなぎ目や約物と言われる細かい具材が少し弱い場合があります。

 

 

PC版の爆裂部のKモルタル補修

 

ベランダの手摺壁の角が爆裂とゆうより、三方から力がかかって、破断した状態になっています。

 

 

撤去するとこのような感じになっています。

 

しっかり無収縮エポキシで下地処理を行います。

 

コニシさんのKモルタルがいいですかね。

 

 

この上の幕板のシーリングより雨漏りが発生していましたので、作業工程を先にシーリングを先攻してから、漏水部分をしっかり乾燥させてから、補修を行います。

 

 

小さな爆裂も見逃しません。PC版構造の幕板にセパレート穴の補修がありますので、一個一個確認していきます。

 

 

Kモルタルのプライマー後、Kモルタル充填します。

 

 

30カ所ぐらいありました。しっかり補修しないとこちらは小さいですけど露筋です。

 

 

ヘラークラックもカチオンフィラーで擦り込みします。

 

 

 

約物の部分です。高圧洗浄をすると、ピンホールがはっきりわかります。

 

このままではいけませんので、一工程増やしますカチオンフィラーを塗り付けていきます。

 

この段階で、下地処理工程を完全にきめます。

 

ピンホールが多いので、カチオンフィラー、カチオンシーラー、微弾性フィラー(ウールローラー)、微弾性フィラー(なみがた)。

 

お見積りより、下地処理工程が2工程ふえてしまいました。追加はないのでご安心

 

当社のこだわりの下地処理です。

 

ピンホールをカチオンフィラーでしっかりうめていきます。

 

 

ヘアークラックもしっかり一本ずつ擦り込みします。

 

 

そのまま塗装してもわからないものでもしっかり下地補修します。

 

当社は10年後を想像しながら、一日でも長くもつように、下地処理にも気を抜きません。

 

 

シーリングへのこだわり

 

版間目地のシーリングを撤去しています。

 

このL型のカッターナイフが力が入りシーリング撤去には最適です。

 

 

 

版間目地をカッターナイフでシーリング除去した後に少し残っているシーリングやプライマー層をスピンカッターでキレイ除去しています。

 

 

 

スピンカッターを用いると、このようにカッターナイフではとりきれないシーリングプライマー層もきれいに撤去することができます。

 

PC版やRCのシーリング撤去には必要不可欠です。

 

タイル・コンクリート用スピンカッターになります。

 

 

シーリングのプライマーもたっぷり塗布します。

 

 

シーリングを打設していきます。

 

 

シーリングを押さえていきます。

 

 

シーリングはオート化学さんの超耐シーラTF2000です。いまの所、塗装との相性を考えると一番いいです。

 

相性テストもシーリング材を持っている塗料総合メーカーも超耐シーラーTF2000の自社塗料との相性のお墨付きをいただきました。

 

さすがオート化学さんです。