大阪府泉大津市 Y様 雨漏り修理工事 釉薬瓦の棟

昨日、雨漏り調査を行ったY様の瓦の屋根の棟の積み替えを施工しました。

 

土葺きの瓦屋根の雨漏りの解説をしていきます。

 

施工前の写真です。

漆喰の塗り過ぎの雨漏りがおきる

Y様は以前に漆喰の塗り直しをされたみたいで、今回、雨漏りの原因の一つになっております。

 

瓦の面戸に漆喰は雨水を入れない、土葺きの瓦屋根に土を流出させない重要な部分ですが、塗りすぎると雨水が瓦の棟の中で滞留してしまい雨漏りをおきる原因となります。

 

面戸の漆喰の塗り替えに注意が必要です。

漆喰工事に撤去費用の見積り記載がない場合はよく業者さんに確認してくだい。

このように面戸漆喰は棟瓦の一段目より奥に塗り付けるのが最適な方法です。

雨水は瓦の返り部分まではいってくることがある。そこになにもなければ、雨水は押し出しことができるが、土などがのっている場合、土の上に雨水が浸入し、水平方法に雨水は流れる(パスカル現象)これが雨漏り原因になる。

棟の瓦の勾配によっては雨漏りがおきる。

瓦の棟を積む際は勾配に気をつけないといけません。勾配が緩いほうが瓦はつみやすいですが、そうすると、雨水が(パスカル現象)によって浸入する危険性が高くなります。また、経年劣化で棟の勾配が緩くなってきたり、棟がずれてくると同じような現象が起ります。

瓦の棟の銅線の最適な固定方法

瓦の棟の銅線の固定方法にも数種類ありますが、最適な固定方法があります。

全体に銅線をまわして固定する方法。これは多く採用されているんですが、棟が崩れやすく。その後に雨漏りを誘発してしまう可能性があるので、当社では行いません。

手間はかかりますが、のし瓦同士を銅線で固定しながら、棟の頂点で固定すると、棟が崩れにくいので、最適な施工方法です。

棟のラインが通ってます。キレイに瓦を葺くことができました。

 

漆喰の塗り方、瓦の棟の積み方一つで、雨漏りがおきやすいかおきにくいか決まってきます。

 

業者さん選びはしっかりと考えてされた方がいいですね。