ALCの発泡現象。置換発泡。

ALCには直らない発泡現象あります。

先日、とある方からの相談で、ALCに塗ったですけど、発泡していて、どうすればよいですが…

 

写真を拝見すると、

気持ち悪いですが、細かい発泡がおきています。この方は施工はかなりきっちりされる方なので、施工方法を確認すると、塗替え時には問題なさそう…

 

となると、新築時に塗装に問題があると思いました。

 

ALCは気泡発泡コンクリートと呼ばれるます。表面がざらざらしていて、中は細かい気泡だらけで、これの気泡の空間で、欧米では、断熱材としてつかわています。日本では、外装材として、化成さんのヘーベルが有名ですね。

 

今回の事象は、おそらく、新築時の目止め不良によるものだと考えられます。ALCの塗装における重要なポイントは版間のシーリングとの相性はともかく、目止め処理が最重要です。昔はセメントフィラーと呼ばれれるもので、しっかり目止めを行い、その上で、十分乾燥させてから、シーラー、主材、トップの工程で施工しておりました。

 

最近は、工期短縮の為、樹脂系の下塗り材、ALCフィラーなどで、目止め行うか、仕上材が弾性力が強い場合は微弾性フィラーなど行うことがあります。

 

この目止めの工程をおろそかにすると、ALC内に水分が入りやすく、また、塗替え時に、思わぬ、置換発泡と呼ばれる現象を引き起こすのです。一度、目止めの処理を十分におこなっていないと、その上から、どんな処理をしても、現段階は、置換発泡がおきます。塗膜をすべて除去しない限り

 

ALCの場合は、塗膜除去はほぼ無理かもしれません。

 

外壁塗装、塗替えの際は、正直、ことが起らないとわからず、見た目で判断するのが難しいです。

 

ALCの新築を建てられる方は、今一度、ALCの目止めのご確認をしてください。