縁切りの重要性、タスペーサー必須!

屋根からの雨漏り?タスペーサーの重要性

屋根塗装の際の最大のデメリット薄型化粧スレート(カラーベスト)の隙間を埋めてしまうことによって

 

不具合がおこることがあります。

 

まずは、屋根の構造です。

簡単なカラーベストの構造の図です。新築の時には、薄型化粧スレート(カラーベスト)の上下の重なり

 

は隙間が空いていて、雨水や、湿気等の排出ができるようになっている。要は、通気が確保できいて、水

 

分を溜め込むことがないようにしている。

 

屋根塗装の際のメリットとデメリット

おおよそ新築後、10年〜15年ぐらいで、外壁塗装と屋根塗装を行うお施主様が多いと思いすが、

 

メリット…屋根材の経年劣化を防いで、そりや、屋根材自体の耐久性や美観を維持、保護する。

 

デメリット…薄型化粧スレート(カラーベスト)を塗装する際、縁切りを行わないで、塗装すると屋根

      構造材や、小屋根構造に湿気が溜まり構造用合板(野地板)腐朽させてしまう場合がある。

      また、屋根材の重なり部分から、毛細管現象を引き起こすこともある。

写真からもわかるように、屋根塗装の際、縁切りを行っていないと、薄型化粧スレート(カラーベスト)

 

の重なり部分にかなりの水分を溜め込んでしまっている。

何もわからない業者さんだと、このように、シーリング材で完全に塞ぎきってしまってる所もあります。

 

これは、問題外ですが…

タスペーサーの登場!

おそらく、10年ぐらいに発売され、なんて便利なものが発売されたとかと、当時はまだ、価格も高い

 

ですが、安全性、作業性どれをとっても確実に縁切りができると、おそらく、この泉州地域もしくは、

 

大阪では一番とはいいませんが、それに近いぐらい早く使わさせていただいています。その当時は、

 

塗料メーカーの方も作業の様子を見にきたり、塗料販売店の方に、タスペーサー指導もしたりしていま

 

した(笑)

 

 

私には、普通になっていても、まだまだ、縁切りを行わない方は数多くいらっしゃるの事実です。

 

少しでも、お施主様に、塗装業者さんに広まってくれればと思い、少し書かさせていただきました。