ハウスメーカーさんの塗り替えの注意点!その1メーカー別

ハウスメーカーさんも手を焼いている塗装

ハウスメーカーさんと言えば…

 

セキスイハウスさん、大和ハウスさん、住友林業さん、三井ホームさん、ミサワホームさん、パナホームさん、一条工務店さん、ヘーベルハウスさん…あげればきりがありません。

 

今回はその中でも、大和ハウスさん、セキスイハウスさん、パナホームさん、ハウスメーカーさんも実は困っている、塗り替えについて、進めさせていただきます。

 

 

 

 

まずは大和ハウスさん

平成5年〜平成10年頃建てられた、大和ハウスさんの建物に多い塗料なんですが、DLコートといいます。まずはこのDLコートと図面で確認できるが重要です。DLコートとは、弾性のアクリルラッカー塗料になります。

 

塗り替えをしなければ、何もおこらないですが、上から塗装すると、場所によりに発泡現象がおきてしまいます。これが熱発泡です。

 

詳しくは、塗装家ブログの熱発泡に書いております。

 

この塗膜が残っていると、熱発泡がおきますので、塗膜の撤去が必要になります。

 

詳しくは別の塗装コラムで書かさせていただきます。

次にセキスイハウスさん

セキスイハウスさんのサイディングパネルの上に弾性スタッコと呼ばれるものが吹付けされている建物です。これ自体も塗り替えをしなければ何もおこらないです

 

このセキスイハウスさんに使われている弾性スタッコは、可塑剤が非常に多く、(塗料に使われている可塑剤は高沸点溶剤と呼ばれるもの)その可塑剤が塗り替えにより塞がれてることで、膨張し、塗膜自体も膨れてしまいます。

 

塗膜の撤去が望ましいですが、弾性スタッコを撤去するのは並大抵のことでありません

 

現象の塗装方法では、できるだけ、透湿性の高い塗料で、薄い色をおすすめします。

最後にパナホームさん

パナホームさんのハイセラコートウォールと呼ばれる建物で、建築当初は、メンテナンスフリーと呼ばれていました。

 

 

ハイセラコートウォールとは、無機塗料(ガラスのような硬い塗料)でサイディングボードが工場塗装で仕上られています。

 

無機塗料だけの性能だけでいくと、硬質で汚れない、劣化しにくい、最強の塗料ですが、落し穴があったんです。サイディングボード収縮、構造のゆれに、無機塗料がついていけなくなり、ひび割れがおき、サイディング自体に水を含ませてしまいボロボロになるケースが報告されています。

 

ボロボロになってしまうと、サイディングボードの交換しかありません…

 

塗装方法は今まで、特注の3液シーラーに全面研磨、高弾性中塗り、強溶剤のトップコートとかなり無理な塗装仕様でしか対応できませんでした。最近は難粘着用のシーラーがでてきていますので、そちらで、テスト施工し、施工する方法があります。

 

そもそもメンテナンスフリーとゆうのは、基本的にありません。どこかのタイミングでメンテナスをするように建物の設計をするべきだと私はおもっております。建物に揺れもあり、収縮もあり、必ずどこかで劣化現象がおきてしまいます。そのことをふまえた上で、メンテナンスのしやすい建物の設計が大事なんだと思います。

最後に…

どこのハウスメーカーさんも当時の技術で一番良いと思い塗料設計をされたんだと思います。でも、塗り替え時に異常でてしまう…

 

ハウスメーカーさんの塗り替えで知らず知らずで塗り替え、外壁塗装をしてしまうと、お客様も、施工店もどこに怒りをぶつけたら、いいかわからなくなってしまうので、今回は私のわかる範囲で少しでも塗り替え、外壁塗装のトラブルがなくなるように筆をとらせていただきました