弾性塗料について

弾性塗料は危険?

  弾性塗料とは、弾力性のある塗料といえばわかりやすいでしょうか?


柔らかい塗料ともいえますね。湿式(モルタル、コンクリート)は特にクラックは発生しやすいので、昔はよく使われていました。今でも、使われていますが、クラックを防ぐ意味では最適かもしれませんが、デメリットもあるので、実際の所は少なくなっています。(微弾性を除く)


弾性塗料の種類


JIS A 6909 建築仕上塗材 可とう形改修塗材E(微弾性)


JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E (単層弾性)


JIS A 6909 防水形複層塗材E(弾性)


JIS A 6021 建築用塗膜防水材(高弾性)


まだ、弾性スタッコや弾性リシンなど種類はいっぱいありますが基本的にこれで、分けることができます。


最もよく現在使われているのが、JIS A 6909 建築仕上塗材 可とう形改修塗材E、通称、微弾性フィラーと呼ばれるものです。シーラーと、フィラーと少しだけ弾性を持った塗料です。(弾性塗料に分類されない)


10年程前に、塗料業界によく使われていたのが、JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E、通称、単層弾性です。


それより以前は、JIS A 6909 防水形複層塗材E、通称、弾性タイル、JIS A 6021 建築用塗膜防水材、通称、高弾性と呼ばれるものです。


ここで、弾性塗料のデメリットについて、弾性塗料は、柔らかい塗料なので、一般の塗料と比較すると、汚れやすい、弾性=汚れやすい、われにくい 硬質=汚れにくい、われやすい、と反比例します。

もう一点、一度弾性のある塗料塗ると、高弾性は特に、次回の改修時に旧塗膜をとらない限り使える塗料が弾性対応の塗料に限られてくる。

また、塗料全般そうですが、弾性塗料は特に水分を外部から入りにくくしている為に、内部の水分に弱く

膨れを生じさせやすい面もあります。


少し、余談ですが、塗料をやわらくする為には、樹脂を多く入れるか、または、可塑剤、または、熱可塑剤を入れることよって、基本的はやわらくしているので、樹脂ならいいのですが、可塑剤や熱可塑剤を多量に含む塗料は現在、塗替え時に膨れ、熱膨れなど様々な問題になっていることあります。


少し、弾性塗料の膨れの現象をご紹介します。 


 

 

 

JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E (単層弾性)


のコンクリート外壁面の塗膜膨れの状態


JIS A 6909 防水形複層塗材E(弾性)


軒裏に弾性塗料を塗った為に生じた塗膜の膨れの状態

JIS A 6021 建築用塗膜防水材(高弾性)


ALCに高弾性で、熱発泡の状態

JIS A 6909 外装厚塗材E(弾性スタッコ)


パネルに弾性スタッコに塗替えためにおきた、可塑剤による熱発泡