2016年

11月

29日

西日本初。透湿性抜群の微弾性フィラー ダイフレックスさんのセラ・トーシツプラス 施工してします。

大阪府の高石市のI様邸にて、ダイフレックスさんのセラ・トーシツプラス塗装中です。

 

日本中の塗料メーカーさんの中で、一番トーシツ性が高い微弾性フィラーです。

 

蓄熱性の高い素材に熱膨れの原因となる水分を効率的に排出することができます。

 

透湿性の高い塗料は雨の水滴は通さずに、水蒸気をに効果的に逃がすことができます。

 

ここまで、透湿性の高い微弾性フィラーはありません。

 

セラ・コートアクアとの組み合わせで、透湿性抜群の塗膜が完成します。

 

今の一般住宅の流れが高気密、高断熱が主流なので、外壁材はどうしても蓄熱されやすい素材になっていますので、外壁塗装、塗り替えの場合は透湿性が高く、耐候性も良い塗料が相性が良くなります。

 

今の所、非の打ち所がない塗料設計です。

 

セラ・コートアクア、セラ・トーシツプラスぜひ覚えておいてください。

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

22日

ラジカルって何?いいの?

最近、お客様からよく聞きます。「ラジカルだからいいの?」ラジカルが良い訳ではありません。

 

ラジカルとは、塗膜を劣化させてしまうものなんです。ラジカルの発生を抑えたりすることによって、塗膜を長持ちさせることで価格の面と耐候性の面のバランスを考えると良い塗料と言えます。

 

代表例は日本ペイントさんの【パーフェクトトップ】、SK化研さんの【プレミアムシリコン】、関西ペイントさんの【ダイナミックトップ】など…

 

最近では、ラジカル塗料なんて呼ばれ方もしていますちょっと違うような…

 

位置づけは、一般的にシリコン塗料上、フッソ塗料の下みたいな感じですね。

 

(本当はそうではないんですが…シリコン塗料でもフッソ並みそれ以上の塗料もあります。)

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

21日

オート化学さんに行ってきました。

高石市のI様邸のシーリング剤が想定より、少し多くて足らなくなってしまい、急遽オート化学さんの大阪営業所まで、一走りしてきました。

 

材料が足らないくなっても、手抜きをしたりせず。確実にシーリングの巾と厚みを確保するために追加の材料を引き取りにいきました。

 

オート化学さんの当社の担当者の三井さんの迅速な対応にて、急遽にも関わらず、すぐに引き取ることができまいた。

 

以前にも、プライマーが少し足らないと言えば、土曜日の休みの時にも関わらずわざわざ自家用バイクでプライマーを持ってきてもらいました、本当に三井さんには感謝です。

 

また、先日イクシードのシーリング講習会を開いていただき、1時間半予定を約3時間かけていただき、

ありがとうございました。私の探究心のせいです。すいません…

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

08日

オリエンタル塗料さんへ

先日、以前からオリエンタル塗料さんにお願いされていた。

 

とある新商品の施工性と現場におけるお話をさせていただきました。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

31日

玄関タイルもらい錆び 還元剤

塗装のついで、よくやるタイル洗いですが、錆を還元できるってしっていました?

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

26日

木製のフローリングがすべりませんか?

滑り止め効果のある。木部用の塗料があるのはご存知ですか?

 

・床のフローリングが滑る

・玄関框が滑る。

・よく転倒する。

・ペットがよく滑っている。

 

などなど、大谷塗料さんから結構前からあるんです…少し前に九州の塗装さんから相談を受けたことがあって、意外に知られていないんだと思ってコラムにのせようと感じました。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

19日

この塗料何年保つの?

最近よく、この塗料何年保つの?よく聞かれます。

 

その際にお客様がご自身で判断できるものがあります。それは促進耐候性試験と呼ばれるものです。

 

塗料のカタログにのっていることが多いで実際に見ていきましょう。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

12日

不燃処理木材の塗装で白化でお困りではないですか?

大谷塗料さんに数年前、不燃処理木材の白化について「白化しないようにできないの?」と投げかけると

「今はできないです…。」と返事をいただいてから、塗装できないよなと思いつつ。

 

昨日、大谷塗料さんが当社に来た時に実は出来ているんです。【レスキューコート】なら塗装できますよ。

 

早速、資料を取り寄せてみました。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

05日

ハウスメーカーさん外壁塗装の注意点!その2 付帯部

これはハウスメーカーさんに限ったことではないのですが、

 

ハウスメーカーさんに特に多いので、注意しないといけない所があります。

 

それは…付帯部と呼ばれる所(屋根、幕板、鼻隠し、破風板、土台水切り、シャッターボックスなど)ここに塩ビ鋼板(塩ビゾル鋼板)が使われているとが多いからです。

 

 

塩ビ鋼板とは…別名、樹脂被服鋼板とも呼ばれます。一般的な鋼板に塩化ビニール樹脂をコーティングし       たもの。

 

なぜダメなのか?…塩ビ鋼板は上から塗装すると、塩ビに含まれいる可塑剤の影響で軟化がおきベタつきがおきたりブリード現象がおきたり、塗膜が膨れたりする不具合がおきるからです。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

15日

シーリング(コーキング)をオート化学さんにする理由。

塗装する時のシーリング(コーキング)材選ぶポイントは、ブリードしにくいシーリング材を選ぶべきです。もちろん、シーリングの耐久性などはもちろんですが、シーリング材はノンブリードタイプがいいですね。可塑剤が入っているかどうかです。

 

可塑剤とは…シーリングの場合、柔らかくする為にいれる添加剤です。(変成シリコンはいれないと硬いので、ほとんどの変成シリコンには入っています。いくらノンブリードの変成シリコンでも…)

 

オート化学さんのシーリング材はすべて商品ほとんどがノンブリードウレタンシーリング材なので、安心して、外壁塗装の際に使うことができます。

続きを読む 1 コメント

2016年

6月

29日

WB多彩仕上工法、WBアートSi発売されました。

窯業サイディングの多彩模様を塗り替えで再現できる工法が開発されました

 

今までは、クリア塗装によるものや、施工店独自のオリジナル塗装や、2色塗工法などでしたが、今回は、塗料メーカーさんによるもので、かなり良いです。前々、スズカファインさんの方から拝見させていただいておりましたが、今回、認定施工制による限られた施工店だけですが、解禁となりましたので、ここに公表できる形となりました。

 

今までない塗装仕上げで、本当にスズカファインさんすごいです。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

22日

木材用塗料の塗装の注意点!オスモ、キシラデコール

オスモの塗料は拭き取らないで!

続きを読む

2016年

6月

15日

塗装できない窯業系サイディングの種類とその方法

一番古くて有名なパナホームさんのハイセラコート無機塗装が施されており、かなり硬質な塗膜で、経年劣化はほぼなし、でも、塗膜が硬質すぎて、塗膜が割れてしまう事象が多く確認されております。

 

現在他の塗装がつきにくい、窯業サイディングボードの代表例。

 

ケイミューさんの光セラ、光触媒塗装を用いた窯業サイディングボード。

ニチハさんのプラチナコート、ハイパーコート、無機塗装、フッ素塗装を用いた窯業サイディングボード。

旭トステムさんのセルフッ素コート、フッ素塗装を用いた窯業サイディングボード。

 

ハイセラコートについては、塗料メーカーさんがかなり研究し、少し前までは、大日本塗料さんやダイフレックスさんの専用シーラーなど(3液シーラー)と表面を研磨しながら、塗装がされてきました。

 

最近では、ハウスメーカーさん以外でも、光触媒、無機、フッ素と呼ばれる、メンテナンス時に塗料が密着しにく難粘着サイディングボードが増えていますので、塗料メーカーさんもそれに対応すべく、無機塗装でも光触媒塗装でもフッ素塗装でも密着するシーラー、プライマーが続々と発売されております。基本密着の方法は各社、似ていますので、使用されたい上塗りの塗料メーカーさんの難粘着シーラー、プライマーを推奨します。

 

その代表例

日本ペイントさん…パーフェクトシーラー

 

ダイフレックスさん…メンテプライマー

 

スズカファインさん…グリップシーラー

 

エスケー化研さん…ハイブリッドシーラー

 

キクスイさん…Ksスーパーパワー極

 

などなど

 

このほんんどが見た目ではわかりにくいものがほとんどです。私が見分けるたったひとつの方法は経年しているのに、非常にキレイな窯業サイディングボードでしかありません。もし、新築を建てる際に何か

無機、光触媒、フッ素コートなどをされた窯業サイディングボードを使用したかもと思いましたら、図面で確認することが重要です。

 

また、外壁塗装の依頼する際にお客様がすこしでも、何かコーティングしたかもと思いになれば、業者の方に言っていただけると、のちのトラブルが防げるかもしません。

 

外壁塗装は業者に完全に任せるだけでなく、わかる範囲で業者の方につたえていただけましたら、優良な施工店であれば、密着試験を行うか、上記のシーラー、プライマーを選択すると思います。

 

少しでも、いい塗装工事ができますように…

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

08日

当たり前のことを当たり前のようにする。

昨日、TVを見ていまして、共感しました。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

01日

窯業サイディングのクリアー塗装の注意点。

窯業サイディングのクリアー塗装がキレイできるコツ

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

25日

関西ペイントさんから、ダイナミックトップ発売されました。

下地が濡れていても塗装できる塗料!ダイナミックトップ

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

11日

塗装のできない屋根材?カルカルーフ?

強化プラスチック製屋根材は塗装できない?

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

04日

サイディング塗替え時の注意点、無塗装サイディング

無塗装サイディングに微弾性フィラーは大丈夫?

続きを読む 1 コメント

2016年

4月

27日

サイディングの塗替えの注意点、石調編

訪問販売業者の窯業サイディングの石調塗装は20年持つ?

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

20日

ALCの発泡現象。置換発泡。

ALCには直らない発泡現象あります。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

13日

変成無機塗料の取り扱い注意!!

変成無機塗料はダイフレックスのスーパーセランシリーズで決まり!

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

11日

多彩色の窯業サイディング再生工法

FT(フィールドテスト)の依頼。モニター募集中。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

02日

モニエル瓦、セメント瓦、屋根材の最強のプライマー

足掛け3年の屋根材のプライマー

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

01日

大阪初!西日本初!ダイフレックスのセラコートアクア

ダイフレックスの方から、約2年ほど前から、伺っていた。透湿性抜群の塗料。セラコートアクア

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

08日

サイディングの間に青いテープが見えるんですが…

サイディングの間に青いテープが見えます。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

01日

木が灰色(ねずみ色)に…

木材が灰色になぜなるの?

続きを読む 1 コメント

2016年

2月

20日

薄型化粧スレート(カラーベスト)割れ

ノンアスベストの薄型化粧スレートの割れが目立ちます。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

10日

高圧洗浄について

たかが、洗浄されど洗浄などるなかれ!

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

02日

直張りサイディングと通気工法サイディング

直張りサイディングと通気工法サイディングの違い

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

24日

縁切りの重要性、タスペーサー必須!

屋根からの雨漏り?タスペーサーの重要性

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

10日

屋根塗装(塗料)のこだわり

オリエンタル塗料は屋根塗料のパイオニア

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

09日

ハウスメーカーさんの塗り替えの注意点!その1メーカー別

ハウスメーカーさんも手を焼いている塗装

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

02日

ご自宅で外壁カラーシュミレーション!

実は、簡単にご自宅で外壁カラーシュミレーションができることはご存知ですか?

 

数年前にスズカファインさんから、i color paint呼ばれる、ipad専用アプリが無料ででているんです。

操作もすごく簡単で、ご自宅の写真を撮られて、マスキングをして、カラーをつけるだけで、どなたでも、ご自宅で様々な外壁のカラーシュミレーションができるんです。

 

難点はipad専用アプリではあるんですが…

 

そうすることによって、業者の方にこの色がいいですとか、最初から打ち合わせができますし、様々なカラーをご自身でできるので様々なパターンが試せます。

 

これから、外壁塗装の検討中の方でも、簡単に外壁カラーのイメージがつきやすいです。

 

ipadをお持ちのなら、一度、i color paintのアプリを検索してみてください。

 

0 コメント

2015年

11月

25日

外壁塗装工事はだまされやすい?

最近よく訪問するお客様の声

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

18日

お客様からの予算に応じた施工方法

外壁塗装はお金がかかってしまいます…

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

11日

外壁塗装の適正価格について

適正価格で工事が可能です。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

04日

塗装は半製品である。

塗装職人が出来映えを左右する。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

21日

DIYの塗装について…

DIYとは英語でDo it Yourself。自身でやる。の落とし穴…

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

12日

つや消し塗料。

以前に有名なある塗装屋と話をしている時に、私が塗装屋さんの中で塗膜博士と呼ばれるきっかけとなった話です。


それがつや消し塗料のことなんですが、つや消し塗料とつや有り塗料の原理について、ごく普通に話をしているのを見て、普通の塗装屋じゃないと思ってもらえたらしく、そのことがきっかけになり、塗膜博士と呼んでもらえるようになりました。


そして、その方は知らなかったと、絶賛していただいたこと、非常にうれしかったです。


そのきっかけとなった、つや消し塗料ですが、少し説明します。


つや消し塗料の方がつや有り塗料と比べると、落ち着いた雰囲気があったり、高級感が増したり、反対につや有り塗料の方が豪華に見えたりと使い方は様々ですが、その原理を知っておくのは、塗装屋としては必須だと思っております。


まず、つや消し、つや有りの見えるのなぜか?その答えは簡単です。


光の反射があるか、ないか…基本的にはこれが原則です。しかしこれは意外に知られておりません。


これをもう少しひも解いていきますと、つや有り塗料の反射するのに対して、つや消し塗料は乱反射し、つや有り、つや消しの判断を目(視覚効果)で判断しているのです。


光の反射率の関係から

全つや有りは光の反射70%以上しています。これが一般的なつや有り塗料です。

そして7分つや有りは55%以上65%以下

半つや有りは30%以上40%以下

3分つや有りは10%以上20%以下


つや消しは5%以下になります。


基本的な光の反射率からの分け方になります。


一般的にはつや有り塗料から順番につやを落としていくことになるんですが、


その作られ方はまずは、つやの出にくいの樹脂を使用する、一般的には塗膜表面を凸凹にする為に炭酸カルシウム、タルク、エアロジルなどを添加し、または、シリカ微粒子、アクリル微粒子なども添加する場合もあります。


塗膜自体の耐候性について、


半つや有りなら、つや有りの半分の耐候性、3分つやありなら、つや有りの3割の耐l候性といったように耐久性が劣ることが一般的です。


ここ数年、塗料の技術の向上により、高耐候性をもつ、つや消し塗料も増えてきてますので、外壁塗装をする際は、是非、つや消し、つや有りも見た目にも、左右するので、参考になればとおもっています。


ややこしい話を最後まで、ご覧になっていただきまして、ありがとうございます。


塗装家 金丸。

0 コメント

2015年

9月

28日

下地処理は重要。

下地処理が重要ですと、いろんなホームページでみかけると思います。


下地処理のレベルの差で、その後に差でるはよくわかっておられると、思いますが、実際にちゃんとした下地処理を行えれる施工業者は残念ながら、ごくわずかだと思います。


それらを見極めたうえで、しっかりと施工業者を選定すれば、きっと、いい施工業者がみつかるとおもいます。


それでは、下地処理って何?


わかりやすく申しますと、塗装と化粧で比較されると、わかりやすいですね。


化粧はのりが悪ければそれなりの素地調整をしないといけないですね。


塗装では、下地に最適な状態にるすことを下地調整といいますが、その下地には、セメント系、金属系、木質系、様々な種類があり、それぞれに適切な下地処理を行わないといけないんです。


化粧で洗顔は塗装では高圧洗浄


化粧水、乳液は塗装では下地処理 Uカットシーリング、フィラー擦り込み、シーリング打ち替えなど


ファインデーションは下塗り材  シーラー、微弾性フィラーなど


チーク、パウダー、アイシャドウは塗装では仕上材  シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料など


わかりやすかったでしょうか?参考になればと思います。外壁塗装は特に下地処理が大事になります。


実はそれだけでなく、構造も知っておかなければなりません。これは、長くなるで、次回、コラムで書かせてもらいます。


続きを読む 0 コメント

2015年

9月

26日

弾性塗料について

弾性塗料は危険?

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

01日

虫除け塗料?

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

01日

リフォームサミット!

先日、関西ペイント様主催のリフォームサミットに参加していきました。

 

リフォームサミットとは、つながるペイントを合い言葉にして、お施主様、関西ペイント様、施工店を皆さんをつなぎ、win-win-winの関係になれるよに塗装、塗料を軸に施工していく仕組みです。

 

既存概念(塗料の性能、コスト)にとらわれない、お客様視点に立った満足度の高い提案。

 

つながるペイントを利用することで、ご主人様、奥様、お子様の皆様がやって良かったとの思いで心がつながる価値提案を行う。

 

これから、関西ペイント様と技術面においても、お施主様へ価値提案についても、どんどんスキルアップしていきます。

 

これからも、よろしくお願いします。

1 コメント

2015年

7月

08日

オスモ講習会

ひまわり油を主成分とした、自然塗料で有名なオスモさんの技術者向け講習会に参加してきました。


普段から、オスモさんの橋本さんとよく打ち合わせするので、講習内の話は、ほぼ知っている話でした。


ウッドデッキにはウッドステインプロテクター、内装はウッドワックスとクリアラピッドよく使います。


少し高いイメージはありますが、実はそうでもありませんし、オスモさんは自然塗料のメーカーのイメージがありますが実はドイツでは、建材メーカーとして、有名なんです。


フローリング等をあつかっている。木材の建材メーカーなんです。


オスモさんに入社すると、まずは、木材の勉強からみっちりするので、

日本の塗料メーカーとすこしスタンスが違います。


なので、オスモさんの皆さんは木材に非常に詳しく、木材別の注意事項をよく知っておられます。


ここで、公表はできないのが残念ですが、私もその資料とノウハウをオスモさんから

伝授していただいています。

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

07日

10年で塗替え?

最近のお客様のお家へ現場調査へ伺うと、ちょうど新築から10年目です。とか、8年目ですとか増えてきました。たまたまかもしれませんが。


まだ、全然キレイなあーと思いながら、お客様の話を聞いてみると、訪問販売のかたが来られて、

続きを読む 0 コメント