2015年

12月

09日

ハウスメーカーさんの塗り替えの注意点!その1メーカー別

ハウスメーカーさんも手を焼いている塗装

ハウスメーカーさんと言えば…

 

セキスイハウスさん、大和ハウスさん、住友林業さん、三井ホームさん、ミサワホームさん、パナホームさん、一条工務店さん、ヘーベルハウスさん…あげればきりがありません。

 

今回はその中でも、大和ハウスさん、セキスイハウスさん、パナホームさん、ハウスメーカーさんも実は困っている、塗り替えについて、進めさせていただきます。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

02日

ご自宅で外壁カラーシュミレーション!

実は、簡単にご自宅で外壁カラーシュミレーションができることはご存知ですか?

 

数年前にスズカファインさんから、i color paint呼ばれる、ipad専用アプリが無料ででているんです。

操作もすごく簡単で、ご自宅の写真を撮られて、マスキングをして、カラーをつけるだけで、どなたでも、ご自宅で様々な外壁のカラーシュミレーションができるんです。

 

難点はipad専用アプリではあるんですが…

 

そうすることによって、業者の方にこの色がいいですとか、最初から打ち合わせができますし、様々なカラーをご自身でできるので様々なパターンが試せます。

 

これから、外壁塗装の検討中の方でも、簡単に外壁カラーのイメージがつきやすいです。

 

ipadをお持ちのなら、一度、i color paintのアプリを検索してみてください。

 

0 コメント

2015年

11月

25日

外壁塗装工事はだまされやすい?

最近よく訪問するお客様の声

最近よく、お客様が本当に「外壁塗装は騙されそう」すごい疑いの目を感じることがあります。

 

確かに業界自体にそうゆうところがあったり、例えば、本当に3回塗るの?材料は薄くしないの?正直、判断は難しいですよね。高い金額がかかる工事なんで、業者選び方はすごい難しいなあ〜と私がお客様の立場なら思います。

 

ここは一つ業者選びのポイントを私がわかる範囲でお教えします。

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

18日

お客様からの予算に応じた施工方法

外壁塗装はお金がかかってしまいます…

塗料材料から、施工方法まで、本当にピンからキリまでございます。ですので、いいものばかり選んで施工をすると、どんどん価格が上がってしまうこともあります。

 

全部、シリコン樹脂の仕様とフッ素樹脂の仕様では、数十万変わることがあります。また、重要なのはサイクルコストで、外壁が15年保って、屋根が5年しか持たないとか極端ではありますが、そうならない為のバランスが重要なのです。

 

ですので、反対にこれぐらいの金額でできないかと予算の提案があれば、その金額内で塗料の種類、施工方法など逆算して、見積りに反映させることもできます。これも、プロとしての重要な仕事です。

 

反対に予算が限りがあれば、こちらだけは最低された方いいとか、例えば、サイディングの外壁の場合は、シーリングだけは打ち替えましょうとか様々な施工方法があります。

 

私自身がお施主様の立場に考え提案することによって、プロとして適切な判断が可能になっております。

0 コメント

2015年

11月

11日

外壁塗装の適正価格について

適正価格で工事が可能です。

外壁塗装で一件○○万円パック。ホームページや、チラシを目にすることがあります。

 

果たして、それが実現するのか、または、その価格でいい塗装ができるのか…結局のところ重要なのは、その外壁塗装工事にかかる価格が適正であるかとどうかです。

 

また、地域最安値がいけないとゆっているわけではありません。価格と工事のバランスが重要なポイントになります。

 

私自身は、ホームページをご覧いただいている方にはわかるかと思いますが、一日でも長く、一年でも長く持つように下地の重要性、建物、旧塗膜の相性に力を注いでおります。ですので、安かろう悪かろうの提案は意味をなさないと思っております。

 

塗料メーカーからは、設計単価とゆうものが定めらており、(300m2以上)そこから大きくはなれる価格は安かろうと高かろうと、その業者に確認するべきかもしれません…

 

訪問販売等でよくお施主様から聞くのは、今日契約できたら、150万円の見積りで50万引きますとか、私自身からすると、最初から、見積りになっていないと思うことがあります。

 

 

少し余談ですが、ホームページ等でかいてあるパック料金はお客様を引き寄せる為の売りの広告だと、知り合いの実際に書いてある塗装店の社長さんに伺いました。わたしにはできませんが…

 

 

0 コメント

2015年

11月

04日

塗装は半製品である。

塗装職人が出来映えを左右する。

最近、ようやく耳することができる言葉に塗装は半製品であるとあります。

 

その言葉意味は、半製品とは…製造・加工途中で最終製品としては完成していないとあります。まさしく塗料がそれにあたり、職人が外壁や屋根など塗装することにより、製品化されます。

 

どんなに材料が良くても、その塗料を塗装する職人の技量がなれれば、塗膜として製品にならないのです。塗装もよく見る1級技能士だから、安心のお店とありますが、私からすると、1級技能士はあくまで通過点です。もちろん私自身も一級技能士を持っております。(一発合格)1級技能士を管理立場の基幹技能士も持っておりますが、おそらく塗装1級技能士は10年普通に塗装の仕事をできるようになれば、受かるはずです。

 

塗布量、塗装間隔、希釈率、配合量などのメーカーさんの施工要領書はもちろんこと、その日の天候などの配慮、ありとあらゆる面で、塗装する職人に半製品がいい製品になるか。悪い製品になるか決まります。

 

塗装業界も本当の職人が減ってきています。インターネットの時代でホームページだけの見せかけの塗装店なんて星の数ほどいると思います。塗装を行う際は見かけだけにとらわれず本質を見抜くことができるようにお施主様になっていただけたらと思います。

0 コメント

2015年

10月

28日

塗装だけで雨漏りは直りません

よくある伸びる塗料だけでは雨漏りは止まりません…

塗装だけで雨漏りが止まる…世に不思議な言葉です。

 

建物の構造で、その雨漏りの対処法が変わってきます。RC造、ALC造は別ですが…

 

木造住宅場合…主に一次防水とニ次防水で雨水を防ぎ、万が一入った雨水は外に排出することで、これ全体を雨仕舞いとよんでおります。

 

シーリングによるものありますが、木造住宅の場合ほとんどが二次防水の不具合が原因で、外壁塗装により一時的に雨漏りが止まっても、すぐに再発するのは、その二次防水を修理しないことが要因です。もしくは、シーリングを打てば雨漏りは止まる、変な知識が邪魔しているかもしれません。

 

二次防水とは、アスファルトルーフィング、アスファルトフェルト、透湿防水紙など、普段は仕上材に隠れていて、見えない。

 

先日のたまたま、塗装店のブログで木造住宅の雨漏りコーキングで雨漏り止まりましたと書いてあるのを拝見し、これは、雨漏り診断士として、また、住まいの屋根換気壁通気研究会のメンバーとして、世の中に発信し続けていかないととおもいました。

 

塗装で雨漏りを予防するとゆうが本来の塗装の目的になるはずです。

 

 

0 コメント

2015年

10月

21日

DIYの塗装について…

DIYとは英語でDo it Yourself。自身でやる。の落とし穴…

最近のお問い合わせの中で、自分でこの壁を塗ろうと思ったんですが…か、この家具を塗ろうと思ってんですが…途中で投げ出してしまい、お問い合わせくださるお施主様がありました。

 

実際にDIYは流行っていますし、今ネットでは、簡単に貼れるクロスや塗装セット、ホームセンターにいけばほぼ材料はそろいますので、入り口は簡単ですが、やってみると、なかなかうまくできなかったり、やる時間がなくなったりします。

 

しっかりと計画をたててやるとも重要ですが、ホームセンターは結構好きで(たまに面白い道具がある)時間があれば、行くことがあります。その中で、塗料を選んでいるお客様とホームセンターの店員の会話きいて、塗装のプロとして、見過ごせない会話を聞くと、おもわずアドバイスしてしまいます

 

ホームセンターの店員さんも塗装のプロではないので、どこに何が適しているかまでわかりません。

私が出てくるのを待っていらして、コーヒーをいただいたこともあります。

 

内装で手の届く範囲や小さな小屋などはいいですが、脚立やはしごと使っての作業は危険で、恥ずかしながら、私自身以前に6尺の脚立から、落ちて、肋骨を4本折って、2週間入院したことがあります。

 

高所作業は慣れていても、思わぬ危険が潜んでおります。安全教育をいつも受けており、またその指導をしている私も怪我し、改めて、作業の危険を認識しました。

 

ですので、脚立やはしごを伴う高所作業は信頼のおける施工業者さんにお願いようにされた方がよいかとおもいます。

 

怪我をされては元も子もありませんから

 

0 コメント

2015年

10月

12日

つや消し塗料。

以前に有名なある塗装屋と話をしている時に、私が塗装屋さんの中で塗膜博士と呼ばれるきっかけとなった話です。


それがつや消し塗料のことなんですが、つや消し塗料とつや有り塗料の原理について、ごく普通に話をしているのを見て、普通の塗装屋じゃないと思ってもらえたらしく、そのことがきっかけになり、塗膜博士と呼んでもらえるようになりました。


そして、その方は知らなかったと、絶賛していただいたこと、非常にうれしかったです。


そのきっかけとなった、つや消し塗料ですが、少し説明します。


つや消し塗料の方がつや有り塗料と比べると、落ち着いた雰囲気があったり、高級感が増したり、反対につや有り塗料の方が豪華に見えたりと使い方は様々ですが、その原理を知っておくのは、塗装屋としては必須だと思っております。


まず、つや消し、つや有りの見えるのなぜか?その答えは簡単です。


光の反射があるか、ないか…基本的にはこれが原則です。しかしこれは意外に知られておりません。


これをもう少しひも解いていきますと、つや有り塗料の反射するのに対して、つや消し塗料は乱反射し、つや有り、つや消しの判断を目(視覚効果)で判断しているのです。


光の反射率の関係から

全つや有りは光の反射70%以上しています。これが一般的なつや有り塗料です。

そして7分つや有りは55%以上65%以下

半つや有りは30%以上40%以下

3分つや有りは10%以上20%以下


つや消しは5%以下になります。


基本的な光の反射率からの分け方になります。


一般的にはつや有り塗料から順番につやを落としていくことになるんですが、


その作られ方はまずは、つやの出にくいの樹脂を使用する、一般的には塗膜表面を凸凹にする為に炭酸カルシウム、タルク、エアロジルなどを添加し、または、シリカ微粒子、アクリル微粒子なども添加する場合もあります。


塗膜自体の耐候性について、


半つや有りなら、つや有りの半分の耐候性、3分つやありなら、つや有りの3割の耐l候性といったように耐久性が劣ることが一般的です。


ここ数年、塗料の技術の向上により、高耐候性をもつ、つや消し塗料も増えてきてますので、外壁塗装をする際は、是非、つや消し、つや有りも見た目にも、左右するので、参考になればとおもっています。


ややこしい話を最後まで、ご覧になっていただきまして、ありがとうございます。


塗装家 金丸。

0 コメント

2015年

9月

28日

泉大津市 S様邸

泉大津市の外壁塗装、屋根塗装、ベランダ防水、アルミ笠木取付けを行いました。

 

S様は昨年、施工させていただいた、同じ泉大津市のT様のご紹介で施工させていただくことになりました。

 

いつも、皆様のおかげでお仕事ができ大変ありがたいです。ありがとうございます。

 

ご紹介させていただき、始めにヒアリングを行いました。外壁の塗替えもそうなんですが、ベランダより雨漏りがするとゆうことなので、そちらの調査を行い、そこから、外壁塗装と、屋根塗装、そして、雨漏り修繕工事を行うように段取りいたしました。

 

雨漏りにつきまして、私自身は雨漏り診断士とゆう資格を持っていまして、私ども金丸塗装は雨漏り110番泉大津店に所属させていただいておりますので、雨漏り、外壁塗装についきましても、プロフェッショナルと自負しております。

 

雨漏りに関して、

 

 

 

 

まずは点検口の取付です。


写真はボードカッターといわれるものです。


これで、ボードだけを切る事ができます。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

28日

下地処理は重要。

下地処理が重要ですと、いろんなホームページでみかけると思います。


下地処理のレベルの差で、その後に差でるはよくわかっておられると、思いますが、実際にちゃんとした下地処理を行えれる施工業者は残念ながら、ごくわずかだと思います。


それらを見極めたうえで、しっかりと施工業者を選定すれば、きっと、いい施工業者がみつかるとおもいます。


それでは、下地処理って何?


わかりやすく申しますと、塗装と化粧で比較されると、わかりやすいですね。


化粧はのりが悪ければそれなりの素地調整をしないといけないですね。


塗装では、下地に最適な状態にるすことを下地調整といいますが、その下地には、セメント系、金属系、木質系、様々な種類があり、それぞれに適切な下地処理を行わないといけないんです。


化粧で洗顔は塗装では高圧洗浄


化粧水、乳液は塗装では下地処理 Uカットシーリング、フィラー擦り込み、シーリング打ち替えなど


ファインデーションは下塗り材  シーラー、微弾性フィラーなど


チーク、パウダー、アイシャドウは塗装では仕上材  シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料など


わかりやすかったでしょうか?参考になればと思います。外壁塗装は特に下地処理が大事になります。


実はそれだけでなく、構造も知っておかなければなりません。これは、長くなるで、次回、コラムで書かせてもらいます。


洗浄の様子です。


こういったところもしっかりと高圧洗浄します。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

26日

和歌山県和歌山市 k様邸 ダイヤカレイド ハイドロテクト

k様は、新築後約3年で外壁に藻がはえてしまって、築7年と早めの外壁塗装になりました。


始めは、もう少したってからの方がいいんではと、こちらこら申しでたのですが、かれこれ4年我慢して、今にいたりますので、早くしたいとゆうこともあり、現場調査、お見積りさせていただき、私ども金丸塗装にご依頼いだきました。


使用塗料は、

   外壁

      ハイドロテクトHG…TOTOの光触媒の塗料で、汚れをつきにくくする塗料です。

      ダイヤカレイド…ダイフレックスの多彩色の最新版です。

      (ちなみにこの材料は、色目だとか、カタログだとか、メーカーと色々と開発の時に一緒に       作り上げさせていただいた塗料です。ダイフレックスのH様ありがとうございます。)

   屋根

      シルバーの色目の関係から

      ハイポンダブルガードシルバー色


続きを読む 0 コメント

2015年

9月

26日

弾性塗料について

弾性塗料は危険?

  弾性塗料とは、弾力性のある塗料といえばわかりやすいでしょうか?


柔らかい塗料ともいえますね。湿式(モルタル、コンクリート)は特にクラックは発生しやすいので、昔はよく使われていました。今でも、使われていますが、クラックを防ぐ意味では最適かもしれませんが、デメリットもあるので、実際の所は少なくなっています。(微弾性を除く)


弾性塗料の種類


JIS A 6909 建築仕上塗材 可とう形改修塗材E(微弾性)


JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E (単層弾性)


JIS A 6909 防水形複層塗材E(弾性)


JIS A 6021 建築用塗膜防水材(高弾性)


まだ、弾性スタッコや弾性リシンなど種類はいっぱいありますが基本的にこれで、分けることができます。


最もよく現在使われているのが、JIS A 6909 建築仕上塗材 可とう形改修塗材E、通称、微弾性フィラーと呼ばれるものです。シーラーと、フィラーと少しだけ弾性を持った塗料です。(弾性塗料に分類されない)


10年程前に、塗料業界によく使われていたのが、JIS A 6909 建築仕上塗材 防水形外装薄塗材E、通称、単層弾性です。


それより以前は、JIS A 6909 防水形複層塗材E、通称、弾性タイル、JIS A 6021 建築用塗膜防水材、通称、高弾性と呼ばれるものです。


ここで、弾性塗料のデメリットについて、弾性塗料は、柔らかい塗料なので、一般の塗料と比較すると、汚れやすい、弾性=汚れやすい、われにくい 硬質=汚れにくい、われやすい、と反比例します。

もう一点、一度弾性のある塗料塗ると、高弾性は特に、次回の改修時に旧塗膜をとらない限り使える塗料が弾性対応の塗料に限られてくる。

また、塗料全般そうですが、弾性塗料は特に水分を外部から入りにくくしている為に、内部の水分に弱く

膨れを生じさせやすい面もあります。


少し、余談ですが、塗料をやわらくする為には、樹脂を多く入れるか、または、可塑剤、または、熱可塑剤を入れることよって、基本的はやわらくしているので、樹脂ならいいのですが、可塑剤や熱可塑剤を多量に含む塗料は現在、塗替え時に膨れ、熱膨れなど様々な問題になっていることあります。


少し、弾性塗料の膨れの現象をご紹介します。 


 

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

01日

虫除け塗料?

関西ペイント様の、期待の新商品、その名もアレスムシヨケクリーン7月上旬に発売されました。


海外では、塗装面に止まることで、殺虫効果がある製品ができているんですが…


日本では、薬事法の関係で、そこまでは無理みたいです。


ただ、蚊をよせつけなくなる効果があるみたいです。


さっそく、発注しました!

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

01日

リフォームサミット!

先日、関西ペイント様主催のリフォームサミットに参加していきました。

 

リフォームサミットとは、つながるペイントを合い言葉にして、お施主様、関西ペイント様、施工店を皆さんをつなぎ、win-win-winの関係になれるよに塗装、塗料を軸に施工していく仕組みです。

 

既存概念(塗料の性能、コスト)にとらわれない、お客様視点に立った満足度の高い提案。

 

つながるペイントを利用することで、ご主人様、奥様、お子様の皆様がやって良かったとの思いで心がつながる価値提案を行う。

 

これから、関西ペイント様と技術面においても、お施主様へ価値提案についても、どんどんスキルアップしていきます。

 

これからも、よろしくお願いします。

1 コメント

2015年

7月

25日

大阪府堺市 N工場様 内装用光触媒!

現場の写真は外に持ち出すことができませんので、材料の写真だけです。

続きを読む

2015年

7月

23日

某ホテルの木製階段のテスト施工

先日、某ホテルの木製の階段の塗替えのテスト施工を行ってきました。


木製階段をキレイされたいとのことで、一度、塗膜剥離と、テスト施工を行ってから、

見積りしますと行ってきました。


なぜ、テスト施工をしないといけないのか、木は生きています。その表情も様々です。


活かすも殺すも私達次第、せっかく見積もりのご依頼をいただいたので、できるだけ、

キレイ、長くもって、メンテナンスもしやすいようにと、

まずは、色々試しましたが、やはりネオリバー100にて塗膜剥離、

2回、3回やって行くうちに塗膜が除去できてきました。


次は、あく抜き、内部といえど、キレイにしたい一心で、あく抜き。


そして、シミ抜き部分あるシミをぬいていきます。


そのあとは、乾燥をまって、サンディング後オスモのフロアクリアラピッドに2回塗装、

テスト施工でも手は抜きません。


こうやってすることによって、担当者の方も仕上がり具合や、施工ながれも把握していただき、

私たちも見積りにいらない予算を省き必要な予算にて見積りができます。


いわいる適正価格ですね。


特に塗膜剥離作業は私たち施工側も見積りしにくい項目です。


木製の玄関ドアなんかは何回も何回も剥離作業にしていきますので、5回6回なんてはざらです。


肝心なのはメンテナンスのしやすさ、オスモのクリアラピッドは自然塗料でありながら、

UC塗り適合です。耐摩耗性も抜群です。


そして、オスモウォッシュアンドケアを日頃のメンテナンスに、

オスモワックスアンドクリーナーを定期的なメンテナンスに使用することで、

長期的にキレイなまま過ごすことができます。


そして、きれいなまま、経年後、再塗装すること、剥離作業をせずに継続的に

メンテナンスコストを抑えながら、キレイがずっと続ずくのです。


オスモカラー友の会 金丸塗装



続きを読む 0 コメント

2015年

7月

08日

オスモ講習会

ひまわり油を主成分とした、自然塗料で有名なオスモさんの技術者向け講習会に参加してきました。


普段から、オスモさんの橋本さんとよく打ち合わせするので、講習内の話は、ほぼ知っている話でした。


ウッドデッキにはウッドステインプロテクター、内装はウッドワックスとクリアラピッドよく使います。


少し高いイメージはありますが、実はそうでもありませんし、オスモさんは自然塗料のメーカーのイメージがありますが実はドイツでは、建材メーカーとして、有名なんです。


フローリング等をあつかっている。木材の建材メーカーなんです。


オスモさんに入社すると、まずは、木材の勉強からみっちりするので、

日本の塗料メーカーとすこしスタンスが違います。


なので、オスモさんの皆さんは木材に非常に詳しく、木材別の注意事項をよく知っておられます。


ここで、公表はできないのが残念ですが、私もその資料とノウハウをオスモさんから

伝授していただいています。

0 コメント

2015年

7月

07日

10年で塗替え?

最近のお客様のお家へ現場調査へ伺うと、ちょうど新築から10年目です。とか、8年目ですとか増えてきました。たまたまかもしれませんが。


まだ、全然キレイなあーと思いながら、お客様の話を聞いてみると、訪問販売のかたが来られて、

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

17日

きれいに仕上がりました。

去年の11月から今年3月で竣工しました。

RC造の建物で、去年の6月から、TOTOエクセラの担当の脇田とダイフレックスの担当の濱村さんそして、丸高塗料の南さんと現場調査をしました。

梁、柱は平滑塗りだったので、TOTOエクセラのハイドロテクトコートのECO-EX、壁自体は、擬石の吹付けだったので、ダイヤアーバントーン、手摺はより耐候性のあるスーパーセランアクアで、塗装しました。築後17年たっていたので、足場をかけて見ると、下地劣化は進んでいて、爆裂と、露筋、浮き、クラックも多く見受けられました。エポキシ注入、無収縮グラウト(イーグルエイト)、カチオンフィラーなど、下地補修に約1ヶ月、各所シーリング打ち替えに2週間、本格的に塗装に入ったの、年開けからでした。シーラー塗って、フィラー塗って、全体に完全に塗装下地整えから、それぞれ、塗装工程に入りました。細かい作業が多く、私はずっと刷毛とゆうより、筆でずっと塗っていました。これだけ、細かい作業は中々少ないの職人冥利に尽きます。できあがりをみながら、大変でしたが、楽しかったです。また、機会があれば工程写真もUPしていきます。

0 コメント

2015年

6月

03日

はじめまして、金丸塗装です。

大阪で塗装の仕事をしております。

これから、少しずつUPしていきますのでよろしくお願いします。

0 コメント